記事・ブログ2020.02.04174 view

雨の日でも楽しめる!伊豆のウフフビレッジで冬グランピングしてきました!

雨の日でも楽しめる!伊豆のウフフビレッジで冬グランピングしてきました!

この記事・ブログをシェアする

待ちに待ったグランピングの日に、まさかまさかの冬の雨。それでもとっても素敵で快適で大満足のグランピングができました。

冬グランピングに行ってみた!

休日によくキャンプを楽しんでいる私でも、冬になるとキャンプにいくのがとても億劫な気持ちになります。

とても寒かったらどうしよう・・・装備をもっと買わないといけないかな?と思うとちょっとめんどくさい。
だけど、自然と触れ合いたくて、うずうずしてきた・・・・!

そこで、冬だからこそ、準備をしなくても良い”グランピング”にいけばよいのでは?と思い、早速検索。
冬でも週末の関東周辺のグランピング施設は、1か月先まで満室でびっくり!

冬季は休業しているグランピング施設さんも多い中、私たちは通年で営業しており、ネット上での評判が良い、
そして人気のリアリティー番組”バチェラー3”のロケでも使用された伊豆修善寺にあるUFUFU VILLAGE(ウフフビレッジ)さんを予約することにしました。

ウフフビレッジさんは、テント型客室だけではなく、キャンピングカーのようなトレーラーハウスの客室や、ドーム型客室も選べます。

 


*施設紹介ページより

私は、冬だから寒いかもしれないと思いつつ、テント泊が好きなので、今回はテント型のお部屋を選びました。

朝起きると外は冬の雨・・・

待ちに待った初めてのグランピングなのに、朝から雨が降りやまない!

グランピングとはいえ、キャンプだから楽しめるのかな・・・と不安になったけれど当日キャンセルは有料、キャンセルしたとしても、他にやることもない。
やっぱり、雨でもグランピングを徹底的に楽しむしかない!と気合い注入。

いつもキャンプに行くときは、引っ越しするのかな?と思う量の荷物を積んでキャンプ場に向かいますが、今回はグランピング。
現地に全部そろっているはずなので、着替え等が入ったバックパック1つでいざ出発!

雨は一向に止まず、さらには道に迷ってしまったものの、無事ウフフビレッジに到着。
*本来であれば、そんなに難しい道ではない・・・はず!

入口に入ってすぐ、目の前にある建物の中で受付を済まして早速お待ちかねのテントへ~

こたつとコーヒーで冬でもあったかグランピング!

建物の中で受付を済ませて、フィールドに出ると、かわいいキャンバス生地のテントがずらり!
早速指定されたテントに向かいます。

50平米ほどのウッドデッキの上に、大きなかわいいテントとBBQ用のガゼボが設置されています。

雨でも、ウッドデッキの上は水たまりも泥もなく快適。
そして、ガゼボには屋根はもちろん、周囲もビニールで囲われているので、雨対策も寒さ対策もばっちり!さすがグランピング❤︎
雨で寒いしどうしよう?と思っていた気持ちが吹き飛びました。

ウフフビレッジは2時からチェックイン可能とのことでしたが、到着したころには日が暮れ始めていたため、すでにライトがついていていい雰囲気!

隣のテントとの間に自然に木が植えられていたりして、プライベート感もありました。

では、早速テントの中へ!!

キャンバス生地のテントの中に入った瞬間、想像以上の暖かさにびっくり!
そして、なんと、こたつ(!)

他にも冷蔵庫、エアコン、電気ケトル、ドライヤーなどなど・・・そしてキャンプには持っていけないちゃんとしたベッド。
もうほぼホテル!笑

早速こたつでテントを楽しみながら温まろうと思いきや・・・運転に疲れたのか?相方が寝落ち。
テントの中で、こたつにはいって寝落ち。なんて、贅沢な!!

取り残された私は、みかんがあったら最高だったな・・・と思っていたところ、テントの中にもっとおしゃれなものを発見。

\豆から淹れるコーヒーセット/

こたつの中でコーヒー豆をミルでゆっくり挽いていると、
テント内にいい香りが充満してきました。

デロンギのかわいいケトルでお湯を沸かして、コーヒーを淹れて、家から連れてきたお気に入りのゆるキャラそうにゃんと一緒にリラックスタイム。

グランピングなんだから、外でなにかしないと!なんて思わなくても、いつもと違う空間でゆったり過ごしているだけで幸せな気持ちになりました。

このベルテントは天井も高く(3mくらい?)普通の部屋にいるよりも開放感があり、雨の音も聞こえてきてとてもいい感じです。
雨でも冬でも、そんな快適でかわいいテントの中で友達とおしゃべりしたり、ボードゲームをしたり、タブレットなどを持参して映画を見たりしてくつろぐだけでもとっても最高な時間が過ごせるなと思いました。

朝起きて、雨降ってるからとキャンセルしなくて、本当に良かった!!

雨でも、グランピングといえばBBQと焚火!

テントのなかで贅沢なぬくぬくタイムを過ごしていたらあっという間に夕方の5時が過ぎました。

受付に行ってBBQの材料が入ったバスケットを受け取り、テント前のガゼボで早速BBQの準備開始!
風雨除けがあるだけではなく、パネルヒーターが足元においてあり、暖かくてガゼボの中でさえ快適。グランピングは最高ですね・・・

BBQの内容はこちら↓↓

ホタテ、エビなどの海鮮から、鶏肉、ベーコン、ソーセージなど様々な具材が用意されていました。

そして最後に取り出したバケットに見覚えのあるロゴが・・・東京ラスク!?
ウフフビレッジは、株式会社グランバー東京ラスクさんがプロデュースされているとのことで、このバケットはあの東京ラスクのラスク用のバケットなんだとか。

それにしても1人1本は太っ腹!お腹いっぱいになること間違いない!

 

お腹がいっぱいになったところで、雨が降っていなかったら星空観察ができたのになー!と思いながら、焚火は小雨ならおこなわれるとのことで焚火スペースへ向かいました。

雨でもちゃんと燃えていました!
やはり大雨だと中止のようですが、運よく小雨だったので焚火タイムを過ごすことができました。

冬のウフフビレッジグランピングの醍醐味、温泉!

ウフフビレッジのテント型客室内とドームテント型客室内にはトイレとお風呂設備はありません。
(トレーラーハウス型客室はトイレとシャワーがあるそうです!)

しかし、トイレはフィールドの両端に配置されていて便利ですし、なんとウフフビレッジさんには掛け流しの天然温泉大浴場があります!

そして、グランピング施設の温泉にも関わらず、ファミリーやカップル向けの貸切風呂までも!
もちろん有料ですが、内風呂なら50分1,000円、半露天風呂なら50分1,500円とリーズナブルな価格で入ることができるので、冬でも雨でも温泉でゆったりした時間を過ごすことができます。


*施設紹介ページより

新しい施設ですし、掃除も行き届いているため、トイレとお風呂はとても清潔感があり、快適に過ごすことができました!

雨音を聞きながらテントの中で就寝

お腹がいっぱいになり、温泉に入って幸せな夜をすごすことができました。

神経質なのか、普段の私は少しの音でも気になってしまい寝つけないため、雨がテントやウッドデッキに打ち付ける「ザァァァァァッ」という音と、テントの前を流れる小川の水が「ボォォォォォッ」と流れる音の中寝れるか少し心配していました。

しかし、心配はなんのその。
とてもぐっすり寝れました。やはり自然は、すごい!!!
自然の音は逆に癒しの効果もあるんだなあと実感しました。


*施設紹介ページより

朝ごはんからのチェックアウト

ぐっすり眠れて、太陽とともに起床。
なんて健康的な朝の始まり!!

そんな朝はちゃんとした朝ご飯を食べたくなるものですね。朝ごはんも昨夜のBBQと同じスタイルで、受付で食材を受け取り、テント前のガゼボ内のホットプレートで調理しました。

パートナーが頑張って作ってくれた朝ごはん↓

夕食と朝食合わせて、バケットを一本しか消費できず、もう一本を持って帰り、明日家で楽しむことにしました。

チェックアウトは10時とちょっと早いな・・・と思うのですが、太陽とともに寝て起きた状態だと全く問題ないものですね!(笑)

グランピングは雨でも、冬でも楽しい!

グランピングは冬は寒そう、雨だと何もできなくてテントにいるだけで楽しくなさそうと思いがちですし、キャンプを普段する私でもそう思っていました。

しかし、暖かく快適に過ごせるように工夫されていて、雨の中でも安心して眠れたし、何といってもテントに滞在する非日常空間にいるだけでとてもワクワクして、リフレッシュされました。

とはいえ、ウフフビレッジさんは夜の星空観察が一押しのアクティビティだそうなので、晴れの日にまた泊まりに行きたいと思います。

そして、キャンプは準備することからワクワクが始まっていてその過程も楽しいと思っているのですが、寒いけど、悪天候だけど、すぐにでもアウトドアしたい・・・!と思ったときにグランピングという選択肢があるということを学びました!
(予約状況を見る限り思い付きでの宿泊は平日でしかできないとは思いますが)
とはいえ、自力でここまでの快適空間をキャンプで作ることは難しいのでなんだかんだグランピングにハマってしまいそう。

結論、雨でも冬でもグランピングはとってもおすすめです!!


*施設紹介ページより

UFUFU VILLAGE(ウフフビレッジ)基本情報

ドームテントも新しくOPENし、大人気のグランピング施設ですので、ご予約はお早めに!

施設情報

UFUFU VILLAGE | ウフフビレッジ
静岡県伊豆市月ケ瀬425-1

施設紹介ページはこちら

この記事に関連するタグ

  • 体験記・ブログ

新着記事・ブログ

記事・ブログ 一覧へ