検索

検索

出発地

移動時間

リセット

こだわり

検索

価格帯

施設タイプ

編集部おすすめタグ

自然

食事

体験・オプション

施設・サービス

周辺観光

リセット

人気のエリア

リセット

価格帯

リセット 決定

施設タイプ

リセット 決定

編集部おすすめタグ

リセット 決定

自然

リセット 決定

食事

リセット 決定

体験・オプション

リセット 決定

施設・サービス

リセット 決定

周辺観光

リセット 決定

特集
2020.02.27(更新日:2023.12.14)62,865 view

THE FARM(ザファーム)体験レポ|夫婦で初グランピングしてきました!

THE FARM(ザファーム)体験レポ|夫婦で初グランピングしてきました!

この特集をシェアする

2018年4月末、千葉県の人気グランピング施設『THE FARM(ザファーム)』へ夫婦二人で旅行した際のレポートを書いてみたいと思います!!

夫婦ともにグランピング施設に泊まるのは、この時が初めて。何を持っていけばいいのか?快適に過ごせるの?などの不安もありましたが、終わってみれば「グランピング最高だね!また来たいね!」という充実した旅行になりました。

〈1日目〉15:00 到着

THE FARM(ザファーム)到着

グランピング施設のTHE FARM(ザファーム)があるのは千葉県・香取市。

聞きなれない香取市ですが、都市部から意外と近いのが魅力。実際、私も都内の自宅を出てから車で1時間30分ほどで到着しました。

そして、施設に着いてまず驚いたのがその広さ!!

敷地面積は東京ドーム2個分とのこと。
敷地の端から端まで歩くと、徒歩5-10分ぐらいかかります。

THE FARM(ザファーム)のYOUTUBEチャンネルに上がっていた動画をみていただければ、そのスケールの大きさが伝わるかと思います!


管理棟でチェックイン

THE FARM(ザファーム)に到着し駐車場に車を停めたあと、チェックインを済ませるためにさっそく管理棟へ向かいます。

手書きのWELCOMEボードがお出迎え。

そして、フロント・ロビーの内装もオシャレでした。もうこの時点でテンションはかなり上がります!

ソファに座ってチェックインを待っていると、よく冷えたウェルカムドリンクが!美味しいです。

そして管理棟では、THE FARM(ザファーム)のフロントスタッフさんがチェックインの対応を進めてくれて、本日泊まる部屋の鍵を受け取りました。

〈1日目〉15:15 客室

管理棟を出て、自分たちが今回泊まるテント「クリフスイート」へと向かいます。

クリフスイートは、小川沿いにテントが並んでいるリバーサイドの先にあります。

途中、寄り道をしながら、小川沿いを歩いていくと……

こちらが、自分たちが泊まったクリフスイートのテント。秘密基地って感じでイケてます。

クリフスイートはプライベート感高め!

階段をのぼってウッドデッキに上がると、
絶景でした。

クリフスイートは斜面にウッドデッキが建てられているため、THE FARM(ザファーム)のキャンプエリア全体が見渡せます。

お隣りのウッドデッキとも5mほど離れていますし、背後には木々で囲まれていてプライベート感ばっちり。

そして、ウッドデッキ上のBBQをする屋根付きのスペースには4人掛けテーブルセット、BBQグリルと軍手と内輪とライターとハンカチなどがあり、その横には手を洗える流し台もあります。

さらに、ハンモックや4人掛けのリゾートソファ、ランタンなど、テント外の設備も充実していました。

室内はテントの非日常感+設備の快適さのいいとこどり!

そして、THE FARM(ザファーム)のテントは「Nordisk ノルディスク」というメーカーのもの。

白くまのイラストが可愛いくて、とにかく写真映えします!

テント入口の3つのチャック部分に南京錠がかけられており、これで防犯します。

(ただ、私たちはいちいち南京錠を開けたり閉めたりするがめんどくさかったため、就寝時とテントを離れる時以外は基本的に入口は開けっ放しにしていました)

では、さっそくテントの中へ。

室内はこんな感じ。
広い!

室内の家具・備品はどんな感じかというと、

セミダブルベッド2台、寝袋2つと敷く用のマット2つ、ソファテーブルと一人用ソファ、フロアライト、ベッドライト、電気ポット、インスタントのドリップコーヒー、マグカップ、スプーン、BBQグッズ(おしぼり、トング、カトラリーセット、グラス、ウイスキーグラス、木のまな板、皿、栓抜き)、電気毛布、電気ストーブ、ゴミ箱、ホットカイロ、手鏡、ティッシュ、一酸化炭素チェッカー、ハンドタオル2つ、バスタオル2つ、使い捨てスリッパ2つ、歯ブラシセット2つなどなど……。

グランピング初心者の自分としては、まず「こんなに備品揃ってるの!?」というのが驚きでした。

あと、電気コンセントも5箇所×3口ぐらいあったと思います。もし4人で泊まっても、電源不足に悩まされることはまったくなさそうです。

さらに、テント室内には玄関スペースがあり、雨の日でもテントの中で靴が脱げるので雨に濡れるのは最小限で済みそう。機能性も高いと感じました!

デメリットはトイレが遠い……

THE FARM(ザファーム)のクリフスイートに泊まってみてデメリットを挙げるとすると、トイレに行くのに階段を降りていく必要があり、時間にして徒歩1分強かかることぐらいでしょうか。

実際、夜間目が覚めてトイレへ行きたくなった際、その遠さを考えるとトイレまで向かうのが億劫に感じました。

あと、入口の南京錠を開け閉めしてテントを出るということも、客室内にトイレがあるホテル・旅館と比べると少しだけ面倒くさかったです。

ただ、これはアウトドア・体験要素に強みがあるグランピング施設と、癒し・宿泊機能に強みがあるホテル・旅館との違いなので仕方ないことかな、と。

逆にいえば、自然の中に泊まるのにそれぐらいしか不便を感じるところがなく、アウトドアの楽しさ・非日常感はしっかりと楽しめるのがグランピング施設の素晴らしさだと感じました!

クリフスイートの動画撮ってみました!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

増田勇人(@hayato_masuda)がシェアした投稿

手ぶれがあって恐縮ですが、魅力が伝われば幸いです……!

〈1日目〉16:00 収穫体験

テントでしばし休憩したあと、16:00から農業体験が行われる農園エリアへと向かいます。

少し急な小道と階段を上っていくと、ジップスライダーをしている方々が見えてきます。このジップスライダーはかなり本格的なもので、宿泊者だと一人1000円で何回でも滑られるみたいです。

私は高所恐怖症で、こういう絶叫系(?)は苦手なので今回はスルーします。

農業体験の開始時間の16時まで、牛乳のアイスクリームを食べながら待つことにします。

THE FARM(ザファーム)のこの辺りのエリアでは、工作とか手作りの体験が行っているようでした!

 収穫体験で思い出と野菜をゲット

お待ちかねの収穫体験へ!
この収穫体験はグランピングの宿泊料金に含まれていたので、追加料金などを払う必要はありませんでした!

受付で、軍手と靴が汚れないようにする青色のビニールカバー、収穫した野菜を入れる用のビニール袋を受け取ります。

準備が済んだらスタッフさんに先導していただき、農園へと向かいます。

収獲する野菜畑の前に到着。

THE FARM(ザファーム)のスタッフさんから収穫する野菜について、収穫する農園エリアについて説明を受けます。

最初に収穫するのは、ラディッシュ。
一人あたり収穫していいラディッシュの数が決まってましたので、なるべく大きいラディッシュを探して収穫しました。

続いて小松菜。
これも立派です。

そして、最後にスタッフさんから「あそこに積まれている長ネギですが、ビニール袋に入るだけ持って帰っていただいてかまいません」とのお声がけが。

見ると、農道脇に置かれたカゴに、収獲済みのネギが山のように積まれていました。(収獲してから日が経っているようだったので、このまま余った場合処分するやつなのかもしれません)

ということで──。

夫婦二人、ラディッシュと小松菜が入ったビニール袋に、詰められるだけネギを詰めます。

もはやネギです(笑)

ネギは薬味として使い勝手いいので、今回いただけて得した気分。THE FARM(ザファーム)の収穫体験は、「思い出+食料という実利」というコスパが半端ないです!

〈1日目〉17:30 夕食BBQ

管理棟でBBQ食材を受け取り

夕方になると、BBQの食材を管理棟まで受け取りに行きます。ソフトクーラーボックスに入ったBBQ食材を受け取りに来たついでに、私たちはフロントで瓶ビールをいくつか購入しました。

ちなみに、お酒のラインナップは下記↓の感じでした。

THE FARM(ザファーム)は飲料の持ち込みOKなので、お酒にこだわりがある方は事前に買ってくるのがいいかもしれません。

テントに戻ってBBQ開始!

テントに戻って手を洗うと、さっそくBBQ準備にとりかかります。

この時のBBQメニューは、

  • USAプライム1ボンドビーフステーキ
  • なでしこポークのローズマリーマリネ
  • バゲット
  • 焼き野菜のバーニャカウダ
  • ジャーサラダ
  • スープ

とりあえず、食材をテーブルに並べます。

写真を撮ると、背景にリバーサイドのテントが入るので、「これぞグランピング!」という写真が撮れました。

ジャーサラダは混ぜるだけ

ジャーサラダは一度ボウルに移して、ドレッシングと絡めます。

ほとんど調理してくださっており、自分たちは最後の仕上げと盛り付けをすればいいだけなので楽ちんです。

お肉や野菜は焼くだけ

お肉は真空パックされているので、袋をキッチンばさみで開けて、BBQグリルで焼いていきます!

BBQグリルの火おこしですが、木炭と着火剤がセットされていたので、あとはチャッカマンで火をつけるだけ。とても簡単!

途中、肉を焼いていると、THE FARM(ザファーム)のスタッフさんが近くまで来てくれて「何かお困りごとはありませんか~?」など声掛けをしてくれるなど、気遣いもしてくださりました。

普段キャンプをしないので、困ったときに頼れるスタッフさんがいるグランピング施設は、めちゃめちゃ安心感がありました。

炭火へのこだわり

余談ですが、後日THE FARM(ザファーム)のスタッフさんから教えていただいたのですが、運営スタッフの手間が省けるガス火のBBQグリルを使うグランピング施設も多い中、THE FARM(ザファーム)はあえて炭火にこだわっているそう。

理由は、炭火の方がお客様に美味しく食材を食べてもらえるからなのだとか。個人的な好みにはなりますが、実際、炭火の香りが肉や野菜に移って美味しく感じました。あと、普段炭火を使う機会がないので、その分「今、BBQしてるな~!」という非日常感を味わえたように思います。

 完成!いただきます。

焼きあがったお肉を、塩またはオシャレな瓶詰のソースをかけていただきました。

とっても美味しかったです!!

最初は「量が足りるかな?」と思いましたが、私たち夫婦には十分な量でした。あと、スープやジャーサラダ、焼き野菜などが多くヘルシーだったのが個人的にはとても良かったです!

逆に、肉をがっつり食べたい男性の方などは、メニューのオプション追加ができるようなので検討してみていいかもしれません。

片付けについて

BBQで面倒な片付け作業ですが、THE FARM(ザファーム)では(1)使い終わった食器を、流し台の下に置かれていたボックスにまとめて入れたり、(2)ゴミを分別して袋にまとめて置いたり、それだけで完了です!

その後の作業(グリルの片付け、炭の片付け、余った食材の後片付け、食器の撤収・洗い物など)は、THE FARM(ザファーム)のスタッフさんがやってくださりました。感動!

〈1日目〉19:30 焚き火

BBQのあと日が落ちて暗くなってきたら、リバーサイド近くの焚き火エリアへと向かいます。

なんと、焚き火+焼きマシュマロ体験も、収穫体験と同じく、グランピングの宿泊プラン内に含まれており追加費用などは発生せずに楽しめるのです!

THE FARM(ザファーム)のスタッフさんから串にささったマシュマロを受け取って、焚き火の前へ。

焚き火は初体験だったのですが、とても楽しかったです!ビール片手に焚き火をボーっと眺めているだけでとっても贅沢な時間になりました。

あと、焚き火エリアの近くでは天体観測もできるようでした。

宿泊料金内にいろんな体験が含まれていて、何度も言いますが、とってもお得感がありますね!!

〈1日目〉20:30 入浴&就寝

PHOTO(昼に撮ったかりんの湯の写真です)

かりんの湯で入浴!

焚き火のあとは、テントから徒歩2-3分の場所にある「かりんの湯」へ。地元住民も利用する入浴施設です。最終入館は21:30で、ギリギリだと混み合うそうなので私たちは気持ち早めに行きました!

THE FARM(ザファーム)に宿泊する際は、チェックインの際に入浴チケットをもらえるので、それをカウンターにて提示すれば入れます。

 

かりんの湯の館内はとっても綺麗で新しめな印象。入浴設備としては、内風呂、露天風呂、サウナ、五右衛門風呂の水風呂がありました。

収穫体験やBBQや焚き火の汚れをしっかり落とせて、ベッドに入れるので嬉しい限り。女性ならば化粧落としなども安心だと思います!

就寝!

入浴後にテントに戻ると夜景がとっても綺麗。

テントの灯りが幻想的かつ、虫たちの鳴き声や風の音などの自然音が聴こえるのでとても癒されました。

ベッドもふかふかで、とても寝心地がよかったです!

私は過去に一度寝袋で寝た経験があるのですが、その時は腰が痛くて安眠できなかったんです。でも、グランピング施設であれば、マットレスなので超熟睡できましたよ!

《2日目》08:00 起床&コーヒー

起床

2日目、起床時にとっても驚いたことがありました。

それは、
テントの布越しの木漏れ日で目が覚めたこと!

普段はスマホのアラームがないと全く起きられないのですが、この日は自然の日差しを受けて目が覚めました。そして目覚めも抜群にいい。

テントは日光をさえぎる屋根がないので、当たり前といえば当たり前なのですが、ホテル・旅館の部屋にしか泊まったことがない私にとっては、日光で起きるのはとっても新鮮な体験でした!

そして、テントを出ればそこは朝の匂い。

電気ポットでお湯を沸かして、コーヒーを入れます。そして朝露に塗れたリゾートソファを軽く拭いて、そこ座ってチルタイムです。

早朝チルタイム動画(音声あり)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

朝も気持ちいいです!! #thefarm #グランピング #音あり

増田勇人(@hayato_masuda)がシェアした投稿 –

とりあえず「グランピングええなぁ~」と呟きたくなる感じでした。

《2日目》09:00 朝食

身支度を終えると、朝食ビュッフェへ。

この朝食が、めちゃめちゃ美味しい!!!!!!THE FARM(ザファーム)の朝食こそ、めちゃめちゃオススメポイントです。

何がそんなに良かったかというと……。

野菜美味しい!野菜が新鮮!!

種類も多い!!
周辺農家さんで採れた野菜もあるそう!!

ドレッシングもたくさんあるので、何回も野菜をおかわりしちゃいました。

あと、牛乳もあります。

自然の中にいると、なぜか朝に牛乳が飲みたくなります。

朝ごはん……美味しい。
そして健康的!

自然の中でいただく野菜の朝食ビュッフェで、私たち夫婦は大満足となりました。

《2日目》10:00 チェックアウト

名残惜しいですが、チェックアウトです。

管理棟を出ると、清掃のスタッフさんがテント内の布団を天日干しにしているところでした。日光を浴びた布団で寝るのはきっと気持ちいいことでしょう……。

THE FARM(ザファーム)のみなさん、ありがとうございました!!

まとめ

以上、千葉県・香取市のグランピング施設 THE FARM(ザファーム)の宿泊レポートでした!!

 

最後に、本レポートは2018年4月末に宿泊した時点でのレポートです。備え付けの設備やオペレーション、サービスなど現在と異なる場合があるかと思いますので、現在の正しい情報はTHE FARM(ザファーム)の公式サイトをご確認いただければ幸いです。

それでは、みなさんTHE FARM(ザファーム)でぜひ楽しいグランピング体験を!!

 

施設情報

THE FARM | ザファーム
千葉県香取市西田部1309-29

施設紹介ページはこちら

この記事に関連するタグ

  • ザファーム
  • 体験記・ブログ

新着特集

特集 一覧へ